未就学児編

周参見で過ごした数年間は平和だったよう。

親父の仕事も順調で、稼ぎも良くて部下にも恵まれた。

一見すると幸せそのもので、私が1~2歳だったので、ナオコは5~6歳になっている。

普通、5~6歳にもなれば記憶に残る。

トモコにも僅かだが記憶があるという。

なのにこの女は、このいわくつきの周参見の農家へ、二十数年後に嫁に行くのである。

何がいわくつきかというと、親父の会社が倒産するからだ。

親父は婆と一緒になった時、それまで勤めた会社を辞め、伝を頼りに人材派遣の会社を興した。

時代は高度成長の真っただ中、急速に発展する世の中において、人を仲介する仕事は金になった。

そんな親父に嫉妬する輩が居てもおかしくはない。

支払日に会社の資金を持ち逃げされる。

当時の一千万円近い金額は、今でいうところの億である。

それから数年間、親父は借金返済のために奔走するが、親父にはお金を作る才覚があった。

一生かかっても返し切れないと言われた借金も10年足らずで返済する。

だが、この時金を貸してくれたのが地元の有力者だった谷口さん。

実は、道路建設で土地を売って、この時はお金を持っていたため、親父に大金を貸した。

この頃、高校生だった息子の谷口さんは我が家と交流があったようで、赤ん坊の私を知っている人物。

当然、5~6歳のナオコも4~5歳だったトモコも覚えていたが、ナオコは記憶にないという。

この谷口さんは、後のナオコの旦那となる人物の麻雀仲間。

私とは仕事上の繋がりを持つことになる。

それはまだ二十数年の未来の話。

この時、借金から逃げるように、婆は子どもを連れて知人の伝を頼って借家へ移り住む。

それが岩代である。

小学校の正門わきにあった魚屋さん。

そこの隣にあったボロイ建物を間借りしていた。

この時私は三つで、ナオコは就学年齢になっていた。

けれど、婆のうっかりミスで、小学校に一年遅れで入学する。

というのも、私たち姉妹は戸籍がなかった。

そう、婆は親父との駆け落ちのため、住民票を移すことが出来ず、子どもの出生届も出していなかったのである。

そうして7年の月日が経っていた。

この辺りについて、私は親父から話を聞いた。

親父は婆と子どもを引き取り、妻子と別れた時、10年ほどかけて離婚を成立させた。

この時、一千万円近い慰謝料を払ったという。

離婚が成立した時、私は4~5歳になっていた。

この頃、大阪では万博が開催されていたが、喘息持ちで病弱な私は、時々床に伏せた。

そして、先妻の子である大学生の賢治さんが訊ねてくる。

賢治さんは留学のため、パスポートを申請する。

その時、私たちの存在を知ったという。

そう、離婚が成立して、親父は私たち姉妹の戸籍を作ったのだ。

認知をしており、家族欄に私たちの名前が記載される。

つまり戸籍上、私達は異母兄弟姉妹となる。

それを知った賢治さんは、私達を訪ねてきたが…会う勇気がなくて庭先を覗きこんだ。

一人で遊ぶ私が居て、声をかける。

思いが先走り、幼い私にヒドイ言葉を投げつけた。

泣きじゃくる私に、はっと我に返り、急いで逃げ帰った。

この時の出来事を後悔する彼は、後に親父の葬儀の時、私に謝罪した。

このエピソードに嫉妬したのが婆とナオコ、ユキの三人である。

本当に一々妬むので困る。

そもそも戸籍がない状態で、私等を放置した張本人は誰だよ。

親父は籍を入れると言ったのに、それに抵抗して放棄したのは婆だろうが。

私には何の罪もない。

だけど、この女どもの果てしない欲望は、この先もずっと続くのである。

そして、その犠牲になるのがトモコと私。

やがて私も小学生になった。